ArdourのMIDIエディタでできることを挙げる。
あまり高機能ではない。
執筆時のバージョンは5.12

ステップ入力

トラックの録音ボタン右クリックでステップ入力モードに入る。
ステップ入力モードではMIDIキーボードやマウスを使ってノートを正確に入力できるらしいが、実はMIDIキーボードを持っていないので使い勝手は分からず。
マウスを使う場合はステップ入力モードより通常のモードの方が楽かもしれない。
ardour-step-input

クオンタイズ

選択したノートを右クリック > クオンタイズ
パラメータの設定は以下のとおり。

選択項目 意味
ノートの開始位置をスナップ ノートの頭をクオンタイズするかを選択。コンボボックスからは沿わせるグリッドの細かさを選択する。
ノートの終了位置をスナップ ノートのお尻をクオンタイズするかを選択。コンボボックスからは沿わせるグリッドの細かさを選択する。
スレッショルド(tick) グリッドの位置からここで設定したtick以内のノートのみにクオンタイズを適用。1拍=1920tick。ただこの設定ちゃんと動いていない気がする...
強さ ノートをグリッドにどのくらい近づけるかをパーセントで指定。100未満の値に設定することで、機械的なクオンタイズを回避する。
スイング 2ノートごとに後ろのノートを指定したtick分後ろにずらす。これによりスイングのリズムを実現する。

ardour-quantize

レガート

ノートを複数選択し右クリック > レガート
複数ノート間に隙間がある場合、前のノートを伸ばして埋める。

移調

ノートを選択し(複数可)右クリック > 移調
設定したオクターブ及び半音分移調する。
ardour-transport

オーバーラップしたノート削除

ノートを複数選択し右クリック > オーバーラップを削除

変形

ノートを選択し(複数可)右クリック > 変形
選択したノートに対し、まとめて以下の変更ができる。

選択項目 意味 値の単位
ノート番号 ノートの高さ(音程)を変更する 0(C-1)-127(G9)
ベロシティ ノートのベロシティ(強さ)を変更する 0-127
開始時間 ノートの開始タイミングを変更する セッション頭からの拍数
長さ ノートの長さを変更する 拍数
チャンネル ノートごとにMIDIチャンネルを変更する 1-16

変更先の値を以下のものが利用できる。

選択項目 意味
このノートの 選択しているそれぞれのノートの次の値が参照される
前のノートの 選択しているそれぞれのノートの前のノート(複数選択している場合は、一つずつ前のノート)の次の値が参照される
このノートのインデックス 選択しているノートのインデックス番号(複数選択している場合は、前から0, 1, 2...)
ノート数 選択しているノートの数
次の絶対値に設定する
ランダムな数 次に選択している範囲からランダムな数が採用される
同等のステップ 複数選択したノートの最初のノートを最小数、最後のノートを最大数とし、間のノートを段階的に大きくする

また、これらの変更値は複数の条件を設定できる。
それぞれの条件を、合算、減算、積算、割算、余りで計算できる。
ardour-transpose

リージョンのループ

他のDAWにあるようなMIDIリージョンを繰り返すような機能はない。
代わりにリージョンの複製を使う。
グラブモード(ショットカットキーg)を選択して、複製対象のリージョンを選択する。
リージョン > 複製 > 複数の複製で複製回数を指定する。

MIDIパッチの変更

MIDIパッチの変更を入れる箇所を選択し、リージョン > MIDI > パッチ変更を挿入...
ardour-patch-change

MIDIオートメーション

トラック名の部分を右クリックし、オートメーションからオートメーションを作成する対象を選択する。
エディタ内の別行でオートメーショントラックが開くのでドローツール(ショートカットキーd)で編集する。
ardour-automation