MacBook Air late 2010 (MacBookAir3,1)がさすがに重いので軽量なLinuxマシンにして復活を試みる。

色々と自分で設定するのも大変なので、有名ディストリビューションで楽をしたい。
ということでUbuntuでよいということになるのだがUnityは重いので、軽量のフレーバーを選びたい。
Xfce採用で最初から色々入っているUbuntu Studioを選択した。
執筆時のバージョンは18.10。

何もしなくてもインストールは普通に完了できるが、いくつか不具合の修正や使い勝手の調整が必要になる。

  1. グラフィックの修正
  2. タッチパッドの修正
  3. 音量調整の修正
  4. その他見た目や使い勝手の調整

次回以降、それぞれの項目について書く。