JavaアプリケーションコンテナのJelasticを試してみた。

イメージとしてはGoogle App EngineのJavaに特化した版。

現在beta版で無料で使えることもあって、一度試してみる価値あり。

Jelasticのトップ画面。

まずはサーバの場所を北米とヨーロッパから選び、メールアドレスを入力してアカウント登録をする。

現時点ではヨーロッパサーバのほうが軽い印象。

メールで認証コードが送られてくるので入力する。

構成を決める。

Cloudletという単位でノードに割り当てるリソースを設定できる。

負荷分散構成も可能。

アプリケーションサーバとJavaのバージョンも同時に指定する。

データベースにはNoSQLも指定できる。

今回はレガシーBBSサンプルをデプロイするので、実行環境に合わせ、Java 6、Tomcat 6、MySQL 5.0を選択。

コンソール画面。

まずはMySQLの設定を行う。

MySQL 5.5の右側のOpen in browserアイコンをクリック。

メールに届いているID、Passwordによりログインする。

MySQLのコンソール画面。

データベースタブを選択。

データベース一覧。

今回はtestデータベースにアプリケーションを動かすために必要なテーブルを挿入する。

testをクリック。

操作タブを開き、エンコーディング(照合順序)をutf8_general_ciに変更する。

SQLタブを選択し、githubレポジトリのentry_table.sqlの内容をコピペして実行。

構造タブを確認すると、entryテーブルが追加されている。

次にtestデータベースにユーザを追加する。

特権タブから、「新しいユーザを追加する」をクリック。

ユーザ名、パスワードを入力してユーザを追加する。

Jelasticコンソールを開き、MySQL 5.5の右側のconfigアイコンをクリックする。

中程のビューからmy.cnfを開き、画像の箇所に下記の設定を追加する。

default-character-set=utf8 character_set_server=utf8 skip-character-set-client-handshake

Saveし、MySQL 5.5の右側のRestart nodeアイコンからリスタートする。

MySQL 5.5の右側のInfoメニューからデータベースのURLを確認する。

githubレポジトリからコードをダウンロードし、src/main/resources/META-INF/jdbc.propertiesを編集してデータベースのURL、先ほど作成したユーザ名・パスワードを設定してmavenからwarファイルにpackageする。

中程のDeployment managerタブのUploadボタンから作成したwarファイルをアップロードする。

しばらくするとアップロードされる。

アップロードが完了したwarファイルの右側のアイコンから環境名を選択する。

以上で設定・デプロイが完了。

Tomcat 6の下に表示されるwarファイル名の右側のOpen in browserアイコンからアプリケーションを実行する。

アプリケーションの実行ができた。
印象としてはちょっと重い。
正式サービスが始まったらいくらくらいになるのだろうか。