Raspberry PiでOpenVPNサーバを構築するシリーズ。
OpenVPNサーバをインストールする。
目次はこちら

PiVPNの導入

基本的にはPiVPNというパッケージを導入するだけで終わり。

インストール

インストールは以下のコマンドを叩くだけ。

curl -L https://install.pivpn.io | bash

しかし、当方の環境では先にOpenVPNをインストールしておかないとうまくいかなかった。

sudo apt install openvpn

pivpn_setting
青い画面でサーバ名・プロトコル・ポート番号を入力しておく。
プロトコルはUDPの方が高速。
ポート番号はデフォルトから変更しておいたほうが少し安全かもしれない。

プロファイルの作成

インストールができたら、クライアントに入れるプロファイルを作成する

pivpn add

プロファイルはクライアントごとに作成する。
Nameにはクライアントを識別できる名前をつける。
ovpnsディレクトリにプロファイル.ovpnファイルができるので
それをクライアントにインポートする。

プロファイル一覧

作成したプロファイルの一覧を見るには以下のコマンドを実行する。

pivpn list

プロファイルの削除

作成したプロファイルを削除するには以下のコマンドを実行する。

pivpn revoke