昨今、海外で生活しているとどうしても日本のIPが欲しい時がある。
たまたま日本に一時帰国する機会があったので、
なるべく金を掛けず実家にVPNを仕込めないか考えた。

構築先のインターネット環境

ブロードバンド環境としてAUひかりが入っている。
Aterm BL172HVというモデムでWAN側と繋ぐ。
このモデムにはルータも内蔵されているが、VPN機能はない。

グローバルIPの問題

ごく普通の家なので、当然プロバイダとの固定IP契約などなし。
現在のプロバイダだと固定IPを契約すると年間1万円ほどの出費となる。
そうなるともう日本のVPSとかを契約した方が安くなってしまう。

そのため、DDNSを利用する方法を考えたい。
別途、DDNSを更新する仕組みが必要になる。

VPNサーバの選定

手軽にVPNサーバおよびDDNS更新機能付きのルータを調達する方法もあるが、
このへんを見るとちょっと厄介そうだ。
後で不具合が出ても物理的に直しに行けないので、
極力現状の構成はいじりたくない。

となるとLinuxなどでサーバを立てるしかないのだが、
VPNサーバだけなので低スペックでも問題ないだろう。
そうすると安価なRaspberry Piが自ずと候補に上がってくる。
調べてみると同じようなことを考えている人は大勢いて、
簡単にOpenVPNサーバが構築できそうだ。
それに今後VPNサーバが必要なくなっても、いろいろと別用途に使えるのも良い。

ということでAmazonでRaspberry Pi 3 Model B+を注文。

DDNSの選定

無料DDNSサービスなどもあるが、
安定稼働を考えるとVALUE-DOMAINの
DDNS機能を使うのが良さそう。
すでに持っているドメインを利用する。

構築手順

次回以降、下記手順に触れたい。

  1. Raspberry Pi最低限のセットアップ(ローカルでSSHに繋ぐまで)
  2. 最低限のセキュリティ設定
  3. OpenVPNのインストール
  4. VALUE-DOMAIN DDNS更新スクリプトのセットアップ