Arch LinuxのディストリビューションであるManjaro Linuxを、極力公式wikiに準じてカスタマイズする。

Manjaro Linuxの日本語環境の問題

インストールした段階では、

  • 日本語入力がない
  • 日本語表示がいわゆる中華フォント

という問題がある。

日本語入力環境のインストール

Fcitx + Mozcのインストール

公式wikiを参照してFcitxとMozc導入に必要なパッケージをインストールする。
https://wiki.archlinux.org/index.php/fcitx
https://wiki.archlinux.org/index.php/mozc

オプション1:UT2辞書内蔵版Mozcの導入

35万語登録の辞書内臓版MozcはAURにある。

$ sudo pacman -S yaourt
$ yaourt -S fcitx-mozc-ut2

オプション2:オフィシャル版Mozcの導入

オフィシャル版Mozcが良い場合は以下をインストール。

$ sudo pacman -S fcitx-mozc

共通:周辺パッケージのインストール

設定ツールなどGUI系パッケージをインストールする。

$ sudo pacman -S fcitx-im fcitx-configtool

設定ファイルの作成・追記

fcitxをデフォルトで立ち上げるように設定する。
https://wiki.manjaro.org/index.php?title=日本語の設定

  1. 下記ファイルを新規に作成
$ vi ~/.xprofile
export LANG="ja_JP.UTF-8"
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export XMODIFIER="@im=fcitx"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx
  1. 下記ファイルの最後に追記
$ vi ~/.bashrc
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx

設定後はログアウト、再ログインが必要。

日本語フォントのインストール

Noto CJKフォントのインストール

Ubuntuにも採用されているGoogle製のフォントをインストールする。
https://wiki.archlinux.org/index.php/fonts#Pan-CJK

$ sudo pacman -S noto-fonts-cjk

Noto CJKフォントをデフォルトフォントに設定

すでにNoto CJKフォントを適用するプリセットが入っているのでこれを利用する。
https://wiki.archlinux.org/index.php/font_configuration#Presets

$ cd /etc/fonts/conf.d
$ sudo ln -s ../conf.avail/70-noto-cjk.conf

設定後はログアウト、再ログインが必要。
デフォルトフォントが、

  • Noto Serif CJK JP
  • Noto Sans CJK JP
  • Noto Sans Mono CJK JP

に設定される。