注:Wine環境にWavesプラグインをインストールするのは成功したが、Wine上でWavesプラグインを動作させるには至っていない
2019年1月追記:Wine環境でWavesプラグインを動作できるようになった。
記事はここから。

動作環境

  • Ubuntu Studio 17.10
  • Wine staging 2.21
  • Waves Central 1.3.5.5

2018年1月現在、Wine stagingブランチのみで動作を確認。
stableやdevelopmentブランチでは動かない。
Wineのアーキテクチャは64bitのみで確認。

Waves Centralのインストール

Wavesサイトよりダウンロードして普通にインストールする。

そのまま普通にWaves Centralを起動してプラグインをインストールしようとしても以下のようなエラーになる。
waves error

エラーを回避するには以下の手順が必要。

  1. robocopyのインストール
  2. 環境変数の追加

robocopyのインストール

Wineではデフォルトでrobocopyコマンドがインストールされていない。
これを手動でインストールする。
インストールファイルは以下にある。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=17657

環境変数の追加

Windowsでは通常デフォルトで設定されている環境変数がWineでは設定されていないものがある。
これを手動で追加する。

wine regedit

HKEY_CURRENT_USER\Environmentあたりに下記の環境変数を定義する。

Name Data
COMMONPROGRAMFILES(X86) C:\Program Files (x86)\Common Files
PROGRAMFILES(X86) C:\Program Files (x86)
PUBLIC C:\users\Public

これでWavesプラグイン自体はインストールできるようになるが、
プラグイン自体の動作のさせ方は未だ不明。